会津のためにやるべきこと - 衆議院議員 菅家一郎

大沼郡

昭和村の小野川において国道401号博士峠工区の起工式が行われました。

会津美里町と昭和村を繋ぐ博士山のトンネル工事が正式にスタート致しました。地元の方々の長年の悲願が達成されました。国の復興道路として認定し国の財政支援を活かし整備されます。国会議員としてお役に立てて嬉しい限りです。私は会津若松市生まれ育ちですが、昭和村小野川は私の亡くなった父親の故郷です。感慨深い思いです。仏壇に手お合わせ父親に報告致しました。今後はしっかり予算を確保し早期整備を目指し貢献して参ります。

 

福島県の資料です。詳しくはこちらをご覧ください。↓↓

 

 

 

 

三島町の町道宮下・名入線三島大橋修繕代行事業に、H28の予算が2億円と決定しました。三島大橋は、三島町が管理する町道宮下名入線の只見川に架かる橋梁であり、高力ボルトの破断・脱落及び鋼部材の塗装や床版の劣化損傷が進行しており、補修には高度な専門知識等を要することから、国による修繕代行事業として橋梁保全対策をおこないます。地元からの要望・陳情にお応えすることが出来ました。

平成27年11月10日(火)に内閣府地方創生推進室から発表になり、「地方創生先行型事業、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金に係る先駆的事業分について」交付対象事業が決定いたしました。

9月7日から11日にかけて関東や東北地方を中心に甚大な被害をもたらした台風18号に伴う大雨などの被害に対して昨日「激甚災害」に指定し、福島県の南会津町と昭和村は「局地激甚災害」に指定しました。橋や道路などの公共土木施設についても、同様に「局地激甚災害」に指定しました。

2015年8月27日は、会津総合開発協議会が主催で、会津地域の最重要要望事項の陳情会が開催されました。

昭和村の公民館で国政報告会を行いました。国政報告会の後は、昭和村の皆様と対話を行いました。質問が活発でしたため大変有意義な時間でした。私からは、主に昭和村の皆様にとって直接関係する事を中心に、現在新聞報道等で話題となっている安全保障関連の平和安全法制の整備に関する説明も致しました。