会津のためにやるべきこと - 衆議院議員 菅家一郎

【地方創生先行型事業】地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金の交付対象事業が決定しました!→会津地域も含まれていますよ!!

平成27年11月10日(火)に内閣府地方創生推進室から発表になり、「地方創生先行型事業、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金に係る先駆的事業分について」交付対象事業が決定いたしました。

先日、衆議院議員の石破 茂 地方創生担当大臣が、福島県議会議員一般選挙に立候補している自由民主党公認候補者の「佐藤よしのり」「大竹としや」両候補の応援の為、神明通りのリオンドール前をお借りしての街頭演説会を開催し、その際、石破大臣から「東日本大震災からの復興だけではなく、福島から新たな日本の姿を作り出す必要があるし、人口の減少も深刻のため、しっかりと対応しなければならない」と述べて頂きました。併せて早急に福島県から地方創生を進める重要性についてのお話もいただきました。

その様な事からこの度、具体的な数値がお示しされ、地方創生に伴う緊急支援交付金が、本県並びに会津地域へ分配される事になりましたので、今後も引き続き福島県及び会津地域の活性化に繋がる事と期待しております。

国からの財源獲得は、引き続き私、かんけ一郎が責任を持って対応させて頂きます。
さて皆様へお願いがございます。現在、会津若松選挙区において、福島県議会議員選挙立候補者の自由民主党公認候補の「佐藤よしのり」「大竹としや」が非常に厳しい戦いをしております。

国からの財源を私が県へ入れても、会津若松市選挙区から政権与党の県議会議員が現在、一人もいないため、非常に会津の発展にマイナスの影響を与えております。会津若松市で必要とする分を、政権与党の県議会議員と連携を組み、確実に会津若松へ分配しなければ、会津は成長しません。このままではいけません。今回の選挙でも会津若松市の未来を決める大切な選挙ですから、投票日には、投票所へ行って頂き、何卒、自民党公認候補のお二人をお願い申し上げます。

今後も会津の発展の為、全力を挙げて取り組んでまりますので、宜しくお願い申し上げます。

【ご参考までに】
Yahoo!JAPANニュース
<地方版総合戦略>着々と 被災地除き年度内に策定

内閣府地方創生推進室 発表(平成27年11月10日)
地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)
先駆的事業分(タイプⅠ)の交付対象事業の決定について