会津のためにやるべきこと - 衆議院議員 菅家一郎

【お知らせ】地方自治法施行60周年記念貨幣の図柄が閣議決定されました

平成28年度に発行する福島県の図柄等を定める政令が2015年8月28日(金)の閣議におきまして決定されました。地方自治法施行60周年を迎えるのに伴い、千円銀貨幣及び五百貨幣が発行される運びとなりました。

野口英世貨幣

千円銀貨幣「野口英世と磐梯山と猪苗代湖」

○野口英世と磐梯山と猪苗代湖をデザインしております。
採用された理由は以下の通りになります。
※野口英世
福島県出身の細菌学者。ロックフェラー医学研究所にて細菌学の研究に従事し、黄熱病や梅毒等の研究で知られている。
※磐梯山
福島県耶麻郡の猪苗代町、磐梯町及び北塩原村の3町村にまたがる日本百名山のひとつで、福島県を代表する山。会津富士や会津磐梯山とも呼ばれています。
※猪苗代湖
福島県の会津若松市、郡山市及び耶麻郡猪苗代町にまたがる日本で4番目に広い湖で、福島県のほぼ中央に位置する県を代表する湖。平成14年度から平成17年度まで、4年連続で湖沼の中で水質日本一になったこともあります。

 

相馬貨幣

五百円バイカラー・クラッド貨幣 「相馬野馬追」

○相馬野馬追から甲冑競馬の様子をデザインしております。
採用された理由は以下の通りになります。
※相馬野馬追
福島県相馬市、南相馬市(旧小高町を含む)において、甲冑を身に固めた500余騎の騎馬武者が腰に太刀、背に旗指物をつけて疾走する豪華絢爛で勇壮な戦国絵巻を繰り広げる、福島県を代表する祭事の一つであります。
※甲冑競馬
兜を脱いで、白鉢巻きをしめた甲冑姿の若武者の騎馬10頭立てで一周1,000mの速さを競います。

申込予定時期は、平成28年4月頃で、商品発送予定時期は、平成28年6月頃になります。発行枚数は、10万枚になりますのでお知らせ致します。この度、この様に貨幣が発行される事から、全国に対しても会津のPRに繋がりましたため、今後も引き続き、全会津のためにお役に立てられるよう、全力を挙げて取り組んで参ります。