会津のためにやるべきこと - 衆議院議員 菅家一郎

「免税店拡大に関する説明会」を開催しました

2014年7月14日に、會津稽古堂において会津未来創造推進本部及び会津若松観光ビューロー共催で「免税店拡大に関する説明会」を開催いたしました。

  

観光庁から蝦名邦晴審議官(写真左から5枚目の左端の方)、前審議官の篠原康弘氏(写真の右から二人目の方)そして担当者の岡田慎也氏(写真の右端の方)から平成26年10月からの「外国人旅行者等免税制度改正の概要について」ご説明を頂きました。

会津若松観光ビューローの渋川恵男理事長からもご挨拶を頂戴しました。


2020年に向けて年間2,000万人の外国人の観光客の誘客を目指す事で国は、免税店の拡大も併せて目指しています。 会津ブランドを活かす上でも、会津地域に外国人の観光客を誘客すると共に外国語表記や免税店など受け入れ体制を更に充実し対応していくべきと考えます。
会津地域には現在免税店が1件も無い事から今日のセミナーを通し参加者の皆様方から一人でも多く免税店の登録を目指してほしいと期待しています。